【Unityの学校】ゲーム制作オンラインスクール4つを比較(無料体験もアリ)

Unity講座でも講師とやりとりするオンライン講座は就職サポートが料金に込まれているため非常に高額になります。そのためUnityについて学びたいだけならおすすめできません。

僕が受講したUdemyのUnity完全初心者向け講座はUnityのオンライン講座の中で格段に安く(もちろん最安値)、返金制度まであります。

動画でUnityのインストールから解説してくれて非常に分かりやすい内容でした。Unityをゼロから学びたいだけならUdemyが一番おすすめです。

 

PVも見られますヨ!(´ε` )

1.Unity講座オンラインスクールの比較

※表をクリック(スマホの方はタップ)するとそれぞれの詳細が表示されます。

スクール料金Unityコース
Udemy
【初心者でも簡単】はじめてのUnity 3D ゲームデザイン
約2時間22200円
(動画視聴)
動画講師:現場経験エンジニア

レッスン:動画視聴なので時間は自由

●ユニティ入門
●Unity 3D入門
●Unity 3D レベルデザイン
●ゲームを世界へ公開
デジハリオンラインスクール
約17時間54000円
(動画視聴)
動画講師:現役エンジニア

レッスン:動画視聴なので期間中は自由

●Unityの使い方の基礎
●C#スクリプトの基礎
●キャラクターのアニメーション設定や動きの制御
●物理演算や背景の作成技術

※3DCGソフトの経験がある人向け
TechAcademy
1ヶ月89000円~

※無料体験申し込みで割引あり(社会人10000円引き、学生5000円引き)
講師:現役エンジニア

チャットサポート:15時~23時

●Unityエンジンを用いたゲーム開発スキル
●ゲームアプリ開発の流れの理解
●プログラミング言語「C#」のスキル
CodeCamp
2ヶ月148000円~講師:現役エンジニア

レッスン:平日18:00~23:40
土日7:00~23:40

●ゲーム制作の流れ
●Unity基本操作
●C#スクリプトの基礎

・Udemyの特徴とメリット

Udemyは直接講師が付いたりしない動画視聴方式の講座です。

ところが講師から直接学ぶオンラインスクールにも負けないメリットを持っています。

一番安い上に安心

Udemyは講座の数が多く自分のレベルに合わせた講座を受講できます。

最初は超初心者向けから初めて自分のペースで学び、さらに必要となれば上のレベルの講座を購入して学ぶこともできます。

それぞれの講座を購入する方式になっているので、いきなり高額な受講料を払う必要がありません。しかも自分に合っていなかった場合は返金してもらうこともできます。

教科書としてカリキュラムの見直しもできる

Udemyの講座は一度購入するといつでも永続的に視聴できます。そのため「◯ヶ月以内にカリキュラムを修了させて重要なことはすべてメモしておかないといけない」ということがありません。

スマホからも視聴できるので非常に役立つ教科書をいつでもどこでも見られるようなものです。

しかも実はUdemyサイト内で動画講師にメールで質問することもできます。

独学と講座受講の間に位置する

Udemyの講座は動画視聴がメインなので講師付きのオンライン講座と比べるとより自分で学ぼうとする意志が必要になります。

しかしネット情報や書籍のみでUnityを完全に独学で学ぶのとは比べ物にならないくらい捗ります。

「独学は難しそうだけど高額なオンライン講座は受けたくない」という人にピッタリなのがUdemyです。

 

2.講師が付くUnityオンラインスクール

実際のゲームエンジンを使ってアプリやゲーム制作を実際に教えてくれるオンラインスクールはとっても少なくてごく一部に限られます。

そんな中で講師付きのオンラインUnity講座は現在2つほどあります。

Unity講座があるオンラインスクール

  • TechAcademy(テックアカデミー)
  • CodeCamp(コードキャンプ)

※画像はテックアカデミーの公式サイトより

基本的にオンラインプログラミングスクール自体の相場は一ヶ月10万円以上が相場で、自動車免許を取るくらいの感覚です。高い。(;^ω^)

・TechAcademyとCodeCampのメリット

TechAcademyとCodeCampはどちらも人材紹介会社が母体となっているスクールです。

そのため講座終了後には就職の斡旋を受けることができます。

※CodeCampに関しては就職を視野に入れての受講で僕の知り合いが苦い経験をしているためおすすめしません。(^_^;)

現役エンジニアによる講義

TechAcademyとCodeCampはどちらも非常に高額な受講料ではありますが、講師は現役エンジニアです。

そのため最新の技術に関しても質問することができます。

3.講師付きUnity講座の無料体験

コードキャンプの場合は40分の1レッスンが無料体験ですが、その内容に関する質疑応答や指導をしてもらえてゲーム開発に近いレッスンが受けられるのでとても内容が濃いです。

それに比べてテックアカデミーの無料体験で学ぶPHP,HTML,CSSは主にWEBサイトなどをつくるときに使われる言語です。でも無料体験期間が一週間と長いのでスクールの雰囲気は感じやすいです。

  • とりあえず無料体験だけ受けたい方はコードキャンプ
  • 最初からUnity講座に申し込むつもりならテックアカデミー

としてみるといいです。

両方の無料体験を受けてみたいならまずはUnityのゲーム制作に関する質問もできるコードキャンプからにした方がいいです。

4.そもそもUnityって何?

商用で今主流の汎用ゲームエンジンっつったらUnityかUnreal Engine 4になるわけです。

unityはPS4・xbox one辺りをサポートしてて、UE4はそれに加えてニンテンドースイッチなんかもサポートしてます。

ただしUEは初心者には少し難しくなっており、Unityなら初心者にとっても良い点があります。

UnityならC++、C♯、JavaScriptで開発できるので勉強にもなるんです。

この三つの言語がゲーム開発では王道なので少しずつ覚えられて実践的な学習になるぞ、と言いたいわけです。

またUnityは自由度が非常に高いので、いろんなことを開発で試しながらで勉強を兼ねられます。

・Unreal Engineは予備知識が必須

Unreal EngineはUnityよりも高機能でリアルなグラフィックが表現できます。FPSやTPSを作るならピッタリです。

しかしその分、事前の知識が必要です。そのため以前にゲームエンジンなどを使ったゲーム開発経験がある人向けとなります。

それでも自由は自由なので玉砕覚悟で試しに使ってみるのもOKです。

・Unityで作れるもの

  • Windows
  • MacOS X
  • ブラウザゲーム
  • Flash
  • iOS
  • Android
  • Wii
  • Wii U
  • ニンテンドースイッチ
  • PS3
  • PS4
  • Xbox 360
  • Xbox One

Unityでは上記プラットフォームに対応したゲームが作れます。有名タイトルだとドラクエ8やスマホ版のドラクエ4なんかもUnityで作られています。


●独学で失敗しないためのUnityオンラインスクール

自分一人でイチからすべて学ぶのは相当な根性が必要です。それを助けるためにわざわざ学校や講座があって、教師や講師がいるわけですから。

オンラインのUnity講座も上手に使ってみると絶対ゲーム制作がはかどるはずですよ!

ではでは、そんな感じで今回の記事でした。

あなたが面白いゲームをつくっちゃうことを願っています!

がんばってー!

Unity講座でも講師とやりとりするオンライン講座は就職サポートが料金に込まれているため非常に高額になります。そのためUnityについて学びたいだけならおすすめできません。

僕が受講したUdemyのUnity完全初心者向け講座はUnityのオンライン講座の中で格段に安く(もちろん最安値)、返金制度まであります。

動画でUnityのインストールから解説してくれて非常に分かりやすい内容でした。Unityをゼロから学びたいだけならUdemyが一番おすすめです。

 

PVも見られますヨ!(´ε` )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です