ゲームプランナーには絶対必須のスキル4つを詳細に解説

「ゲームプランナーならではの必須スキルを身に付ける!」

企画職と言うとプログラミングやグラフィックに比べ専門性が低いように感じますが、そんなことはありません。ゲームプランナーにも必要となる独自のスキルがあります。

ここではそんなゲームプランナーとして最低限必要なスキルを具体的に紹介します。

ゲームプランナー向けの求人紹介会社選びでは、扱う求人数自体の多さと他にないレアな非公開案件の数が重要です。

ワークポートのゲームプランナー求人は、現在268件+登録後さらに非公開求人の紹介が50件以上(!)あります。九州~北海道まで広くカバーしていて、年収500万~などの高収入求人も豊富です。

また未経験でも登録でき、キャリアチェンジの手助けにも最適です。転職成功者数No.1で、もっとも信頼度が高いワークポートの求人紹介は、登録から就職まで全て無料となっています。

 

 

ゲームプランナーの必須スキル

プランナーの仕事で必要になるスキルが以下の4つです。

プランナーの必須スキル

  1. マーケティング能力
  2. 発想力
  3. マネジメント能力
  4. PCスキル

1.マーケティング能力(市場調査力)

現在のゲーム市場での主なユーザー層や人気のジャンルを調べます。情報収集や得た情報の分析の際にマーケティング能力が必要となります。

根拠となるデータがあることで企画プレゼンの際にプロデューサーへの大きなアピール材料となります。

●マーケット情報の収集能力

ターゲットとなるユーザーの年齢層、性別、生活環境などを様々な方法で調べます。

●分析力・論理的思考力

得た情報からどんなユーザーがどんなゲームを好んでいるか、また実際に購入しているかなどを分析して企画立案に役立てます。

情報収集と分析の例

  • 今のソシャゲのDL数を見るとユーザーはゲームにお金を払わないのが常識
  • それでも○○社の□□のようなタイトルは幅広い層がお金を払って買っている
  • 今回の企画は斬新だがそれと同じ層がターゲットになる

2.アイデアの発想力

調べた情報から企画のもとになるアイデアを考えます。プランナーであれば特に必要になる能力と言えます。

●柔軟性のある企画力

ゼロから何かを生み出す、また既存の何かを組み合わせて新しいものを作り出すなど、とにかく企画の元になるアイデアを考えます。

●シナリオ作成での想像力

シナリオライターにお願いしない場合、プランナーがシナリオを書くこともあります。発想力や想像力なしでは書けません。

3.マネジメント能力・ディレクション能力

企画が通って開発段階に入ると、いわゆる制作進行をプランナーが兼任します。その際に必要となる能力でプランナーとしては発想力と並んで重要です。

ゲームプランナーとして開発チームをマネジメントする方法は具体的に以下の4つです。

チームマネジメント

  • 論理的な指示
  • 寛容な対応
  • 聞き上手
  • 質問を引き出す

●論理的な指示

企画が通るとゲームの設計図とも言える仕様書を作成します。

多くのスタッフが仕様書をもとに作業を行うため論理的な説明が必要になります。

●寛容な対応

上司からの無茶な要望や突然の仕様変更などは頻繁に起こりますが、それに反発するのは建設的ではありません。

周囲の人間と協力してその状況での最善策を模索できる寛容な対応力が必要になります。

●聞き上手

開発チームではスタッフそれぞれに事情が交錯し作業がうまく進まないこともあります。

自分の都合を押し付けるのではなく、スタッフの健康や家庭の事情などを考慮して話を聞いてあげることも必要です。

●質問を引き出す

どれだけ丁寧に仕様書を作っても自分のイメージが伝わらないことはあります。

頭ごなしに「違うからこうしろ」と言うのではなく、より具体的な指示が出せるように相手からの質問を引き出すことも必要です。

4.PCスキル

プランナーも実作業ではパソコンを扱います。そのため最低限のPCスキルは必要になります。

●企画書・仕様書作成でのスキル

企画書や仕様書を作るためには文書やイラストの作成能力が必須です。

パワーポイント使用経験

企画のプレゼンを行う際はパワーポイントを使います。

基本的な使い方はもちろん、他の人が作った企画書を見て表現方法を学ぶ必要があります。

イラスト作成

企画書の中で使うイラストやイベント上のラフ絵、簡単な構図だけでもデザインできるとグラフィッカーにイメージを伝えやすくなります。

できるようにしておくと役に立つ能力です。

●スクリプト作成でのスキル

ゲームプランナーはゲームの直接的な動作に関してスクリプト作成を担当することがあります。

スクリプトの作成にはプログラミングの基本的な知識が必要となります。

プログラミング知識

スクリプト言語は簡単なプログラミング言語のことで、その会社独自のものも多く入社して学んだりします。

スクリプト作成もプランナーの仕事なので、プログラミングの基礎程度は学んでおく必要があります。

●人脈やコミュニケーション能力は20代でのキャリアパスに必須

ゲームプランナーは企画職ではありますが、実際にはそれ以外の作業の方が多い職種です。

開発チーム内の各スタッフとコミュニケーションを取ることも多くなります。

そのため企画アイデアの発想力だけではなく、人との折衝力が非常に重要です。

ゲームプランナーを目指すのであれば、ここで紹介した4つのスキルを磨くように意識しましょう!

※企画書づくりについてはコチラの記事が参考になります。

→超分解!ゲームプランナーの良質な企画書づくりに必要な4つの方法

ではでは、そんな感じで今回の記事でした。

あなたがよいゲーム会社に就職できることを願っています!

がんばってー!

ゲームプランナー向けの求人紹介会社選びでは、扱う求人数自体の多さと他にないレアな非公開案件の数が重要です。

ワークポートのゲームプランナー求人は、現在268件+登録後さらに非公開求人の紹介が50件以上(!)あります。九州~北海道まで広くカバーしていて、年収500万~などの高収入求人も豊富です。

また未経験でも登録でき、キャリアチェンジの手助けにも最適です。転職成功者数No.1で、もっとも信頼度が高いワークポートの求人紹介は、登録から就職まで全て無料となっています。