デバッガーの平均年収258万円からでも確実に収入をアップさせる方法

「ゲーム好きなら一度はやってみたい職業、それがデバッガー。」

ゲームテスターとか呼んだりもしますね。ただやっぱり仕事っすからね。いくらもらえるのか?っていうのは気になるところ。

ゲーム関連の職種別年収が以下の通りです。

職業平均年収
(円)
年収差=標準偏差
(円)
度数
(人)
デバッガー2,583,333664,5806
プランナー4,096,3401,341,28655
プログラマー4,641,3901,796,069131
グラフィッカー4,238,5881,699,936103
サウンド5,590,6252,257,00516
ネットワークエンジニア5,225,0002,034,5238
ディレクター5,636,2791,977,37743
プロデューサー6,925,0003,558,79953
その他(役員など)7,186,2364,758,97462
ゲーム会社職種別年収

「デジタルゲームの教科書 Softbank Creative (2010) 496 表24.5」より

いやー、きついですよ。デバッガーのまま続けるってのは。

表の中に他の職種を並べたのには比較のためです。

とりあえずデバッガーで入社して自分に向いた違う職種をそこから見極める。夢中になれることが分かれば勉強もできるし向いてる仕事に転職して年収もアップ。

そんな青写真ちょっと良くないですか?

てわけでゲーム好きならかなりアリな今回の話です。

ゲーム業界向けの求人紹介会社選びでは、扱う求人数自体の多さと他にないレアな非公開案件の数が重要です。

ワークポートのゲーム会社求人は、現在268件+登録後さらに非公開求人の紹介が50件以上(!)あります。九州~北海道まで広くカバーしていて、年収500万~などの高収入求人も豊富です。

また未経験でも登録でき、キャリアチェンジの手助けにも最適です。転職成功者数No.1で、もっとも信頼度が高いワークポートの求人紹介は、登録から就職まで全て無料となっています。

 

 

1.デバッガーの年収はやっすいやっすい

ちょっと母数が少ないですが、他の職種に比べるとばらつきは小さい方ですね。

平均年収で258万円。大体192万~324万円。

えぇ~!や、安ぅ~い!(通販番組風に)

別にね、ラクな仕事ってわけじゃないんですよ?もちろんゲーム開発に不可欠で大切な仕事なんですよ?

それでもね、こんな数字なんです。

2.デバッガーの年収と月収

あまり計算したくありませんが、12で割って月収も見ときましょう。

平均年収258万円÷12ヵ月=平均月収21.5万円

一人暮らしだったら正直言って生活してくのがやっとでしょう。

年金払って、保険料払って、税金払ったらもーこりゃ雀の涙ですよ。

あなたも涙ですよ。←黙れ

3.デバッガーの最低年収と月収

最低年収も月収に計算やっときましょう。

最低年収192万円÷12ヵ月=月収16万円

実家暮らしだったら何とかやってける感じですね。

一人暮らしだったら・・・、がんばりましょう。\(^o^)/オワタ

4.デバッガーの最高年収と月収

あと逆に最高年収は?ってことで一応計算。

最高年収324万円÷12ヵ月=月収27万円

まあこれなら少し余裕ある生活できますね。

あくまで「デバッガー」の中での管理職などです。

ただ、これが「最高年収」と考えたときにどう思うか。そこですよ。

うーん・・・。

5.デバッガーの年収とキャリアアップ

だからまあ、目指すべきはこれなんですよ。

なんでもいいからゲーム業界に入りたい!と。

デバッガーからでもとにかく好きなことを仕事にしてやる!と。

そしたらきっと、具体的にどんなカタチでゲーム作りに関わりたいのかっていう欲が出てくるはずですよ。

現場に入って自分はどんな作業が好きで何が向いてるのかを知る。

このためにデバッガーとしてゲーム業界へ飛び込むわけです。

集中力に自信があってプログラミングが面白い。それならエンジニア向きでしょうし。

ユーザー視点になるのが得意で企画考えるのが楽しい。なるほどプランナー向きかなとか。

そういうのは実際に業界へ飛び込んだからこそ身を持って知れることなんですよね。

あとはやりたい方向へ転職したりで年収アップを目指せるってわけで。

ほんでそのときデバッガーの経験も確実に活きますから。

6.デバッガーの年収とゲームプログラマー

「ゲーム開発者」っていうと浮かびますよねゲームプログラマー。

プログラマーというか、エンジニアとかも言いますが。職人さんですから稼ぎも悪くないです。

ゲームプログラマーの年収→285万~643万円。

希望が見える数字だし目指したくなりますよね。

ただし勉強大事です。「ゲーム」が好きなだけじゃなく、「プログラミング」も好きじゃないとかなりきつい。その辺の適性による感じです。

向いてる人は進んでもらって平均年収464万円が目指せますよと。

7.デバッガーの年収とゲームプランナー

企画を立ててみんなに指示を出していく、そんなカタチでの開発職です。

偉そうにも聞こえますけど実際はそんなことないです。いろんな人と仲良くなれるようでないと務まりません。

ゲームプランナーの年収→275~543万円。

いい感じで定職についてる人って感じです。

「プログラミングは難しそうだし、絵とかも描けないし消去法でコレかな?」なんて考えで選ぶのはまずいっすけどね。

でも人付き合いとか市場調査とかプレゼンとかマメなことが好きな人ならかなり向いてる仕事です。

そしたら平均年収409万円の世界ナリと。吾輩コロ助ナリと。

8.デバッガーの年収まとめ

いやまあ、ゲーム好きとしては憧れるわけですよ。デバッガー。僕だってやりましたし。笑

やっぱり楽しかったですよ♪~(´ε` )

でも出る言葉はコレ。

やすいよやすいよー!とにかく安いよー!(八百屋風に)

はい。

まあ高い年収は見込めないぞと。バイトとしてならいいんじゃないかと。

ゲーム好きなら間違いなく良い経験のデバッガーですが

あくまでも現場の視点から自分の適性・やりたいことを見極めるため。

ほんでそこから年収が上がる職種を目指して転職しましょうと。

最終的にどの職種についてもデバッガーの経験は必ず活きるぞと。

そんな感じの今回の記事でした。

あなたがよいゲーム会社に就職できることを願っています!

ではでは、がんばってー!

ゲーム業界向けの求人紹介会社選びでは、扱う求人数自体の多さと他にないレアな非公開案件の数が重要です。

ワークポートのゲーム会社求人は、現在268件+登録後さらに非公開求人の紹介が50件以上(!)あります。九州~北海道まで広くカバーしていて、年収500万~などの高収入求人も豊富です。

また未経験でも登録でき、キャリアチェンジの手助けにも最適です。転職成功者数No.1で、もっとも信頼度が高いワークポートの求人紹介は、登録から就職まで全て無料となっています。