ギークリーのエージェントの評判■最悪・しつこい場合の対処

当記事では、かなり正直にギークリーの評判をまとめています。もちろん、その方が皆さんのためになると、ボクが思っているからです。
しかし、ギークリーからは見事に広告掲載を断られるようになりました!(当然)

一方、同じように正直な評判を書いても、気にしていない転職エージェントがあります。
ワークポートです。このギークリーとの対応の差(余裕)には結構驚きでした。

実際、そのほか多くの面を考慮しても、Web系やエンジニア職の転職なら、ボクとしてはワークポートを一番オススメしています。

 

 

●ギークリーは電話がしつこい、最悪だという評判

ギークリーの特徴が合わずに本人の意向に添えなかった人には「電話連絡がしつこい」「最悪」という評価になってしまいます。

・Geeklyが最悪だった人の口コミ

口コミ投稿者: 20代火消しSIer さん

数打てば当たる方式で紹介がある
★★★★★評価:1点

最初に私自身も転職エージェントの関して調べていなかったのもありますが基本的に「数打てば当たる」という転職支援の形態でした。
興味のない求人の面接辞退を伝えても面接で考えや印象が変わるからと必ず言われます。それでも辞退すると伝えると嫌そうに承諾はしてくれました。
ですが対応の速さや、求人数の多さは他のエージェントと比べ良いと感じました。
事前に申し込むのであれば求人を吟味して応募する企業を決めるということをしっかり伝えることをお勧めします。

「BEST WORK Geekly(ギークリー)の評判」より

ギークリーの特徴が合わなかった人にはうっとうしい、しつこい、最悪といった評判です。この方のレビューは批判しつつも冷静だったので選ばせていただきました。

ゆっくりじっくり転職したいという人にはギークリーは向いていません。

・しつこいと思われる理由とその対処

ギークリー面談後は転職する気持ちに勢いがあるうちになるべく多く応募してみるよう促されるはずです。また新しい求人情報が入ってくるとすぐに電話やLINEで連絡をくれます。これがしつこいと思う理由になるかも知れません。

もしこれが肌に合わずにしつこいと思った時は無視でも結構です。電話やLINEはブロック設定しても全然構わないわけです。ボクは気に入らない転職エージェントではそうしています。笑

ただ、転職し始めの時はモチベーションも一番高いため複数応募するなら実際ベストな時期ではあります。時間が経てば経つほど面倒くさくなっていくものなので求人への応募数も少なくなりがちです。

早いうちに多く応募して複数から選べるようにしておいた方が良いというのはあながち間違いではないんです。

●ギークリーに限らずエージェント自体で評判は変わる

そもそもギークリーに限らず転職エージェントでは「担当者」に当たり外れがあります。これはもう仕様としか言いようがないものです。

ボクも以前ネットで高評価のある転職エージェントを利用した際に担当者がハズレだったことがあります。的外れの求人を勧めてきたり、希望の求人での応募時はアドバイスがなんとも頼りなく不安で「最悪」でした。笑

でも同じ転職エージェントを二回目に利用したときは超ベテランの人でボク自身はほぼ何もせずに希望の職場に入れました。なんか見比べると名刺からしてけっこう違ったので驚いたのをよく覚えています。(;^ω^)

・鋭い方のギークリーのエージェントの口コミ

口コミ投稿者: 転職中 さん

2回目は失敗。コンサルタント当たり外れがありますよ!
★★★★★評価:3点

2回目の利用です。
前回は担当してくださった方も丁寧で、最終面接までフォローしてくださいました。落ちてしまったのは完全に自分の実力不足だったので、Geeklyは良い会社という印象で終わりました。
今回、また転職を考えるようになって連絡をしたところ、担当が代わりました。
初っ端から名前を間違えられました。まだやりとりも5往復くらいしかしていないのに再び間違えられました。
丁寧さが欠けていて非常に不安です。担当の方を変えて欲しいです。Geeklyはコンサルタントに当たり外れがある会社と思います。

「BEST WORK Geekly(ギークリー)の評判」より

ギークリーも含めて各転職エージェントの口コミを見ると分かりますが担当者による当たり外れはどうしても出てきます。

●ギークリーは求人紹介が多くて早い

まずギークリーのスタッフ数ですが25名と有名転職エージェントの中ではかなり少数です。ただしその分各スタッフの専門知識はとても高く個人のスキルへの理解も深いです。

ギークリーは少人数で登録者の就職を成功させるために「短期間で出来るだけ多くの求人紹介&応募」というスタイルを取っています。

そのため紹介してくれる会社の数も多く、どんどん電話やメールをくれます。ところがペースが合わない人によってはしつこいと思うことになります。これ自体がギークリーのメリットですが合わない人には良くないと思う理由にもなっています。

・新しい求人情報が入るたびに連絡がある

ギークリー登録後は新しい求人情報が入るたびにすぐ電話やLINEで連絡をくれるので、非常にスピーディーです。それがかなりマメなので人によってはしつこいという印象にもなります。

のんびりじっくり転職先を探したい人よりも、条件に合う求人が見つかったらサクッと就職したい人向きなんです。

面談から転職までの平均日数は27日なので、ギークリー登録から一ヶ月以内には転職をすませることができます。

・「紹介してくれる求人数」がもっとも多い

そもそも決めている会社にしか就職したくない人は求人情報を次々と紹介されることがイヤに感じるのかも知れません。

ギークリー登録者の平均応募社数は29社と、これは他の転職エージェントでもっとも多い数です。だからこそ短期間で転職出来るとも言えます。

初回面談時に紹介してくれる求人情報も40社ほどと非常に多いです。そのためどんどん求人情報に目を通したい人にギークリーは最適です。

 

・ギークリー紹介求人の年収

ギークリーで紹介される求人の年収は400万~1000万円といった感じです。もちろん経験によって異なりますが、年収アップは充分に見込めます。

ただし、キャリアチェンジの場合は年収が上がらない場合も多いのでそこは踏まえておきましょう。

・ギークリーには未経験でも登録できるが

ギークリーはIT業界・ゲーム業界に特化した転職エージェントですが、未経験でも登録することができます。

ただし、未経験から求人に応募することができても実際に採用されるのはかなり厳しいです。

未経験からの足がかりとして使う転職エージェントでは未経験専門の転職サポートもしているワークポートなどの方が向いています。

・ギークリーの最大のメリット

短期間に複数応募した際の一番のメリットは多くの会社を比較できることです。ギークリーは最悪と言っている人にはこのメリットはまず伝わっていないと感じます。

最近は内定が出たら入社意思の返答期限は数日ということがほとんどです。そのためのんびりじっくり転職スタイルの場合はそのときに決めるか辞退するかしか選べません。

短期間で数社への応募を同時にすすめて選考のタイミングを合わせれば、いくつもの候補から比較検討しやすいです。できるだけ多くの内定の中から条件も見比べた上で決定したい人にはギークリーのスタイルが丁度良いです。

 

●ギークリーの体験者の評判

ギークリーはそのスタイルのおかげで評判が大きく分かれます。合っている人には非常に満足度が高い転職エージェントですが、合わないとブチ切れる人もいます。笑

実際、レビューサイトを見ると低評価の人のコメントは超長文で、高評価の人は短文というパターンばかりです。

↓は高評価の人で珍しく長文で書いてくれている口コミです。

・ギークリーが合っていた体験者の口コミ

口コミ投稿者: ムック(30代マネージャー) さん

キャリア変更のアドバイスのおかげで、転職成功
★★★★★評価:5点

前職はソーシャルゲームプロデューサー、その後ECサイトマネージャーと、業界をまたいで転職してきました。
事業縮小のため営業に配属されそうになったため、転職を希望。3社のエージェントに登録して各社相談にのってもらいました。
その中でも、イチバン親身に感じたのがGeeklyのコンサルタントの方でした。
他のエージェントは、いくつか条件をヒアリングした後に、その条件にマッチした求人を紹介してくれる、可も不可もない対応だったのですが、Geeklyさんは違ったんです。
「次もEC業界での転職を希望されてますが、こんな仕事はどうですか」と出してくれたのは、WEB新規事業のマネージャー職。
ソーシャルゲーム時代に新規ゲーム立ち上げをいくつも経験しており、畑は違えどマインドは…ということで、紹介してくださったんです。
実際に企業との面接にすすむと、好感触でトントンと進みました。
ECで培ったWEBサービス運営・マネジメントの経験を活かし、まずは部長直下でしばらく現行サービスの運営に携わりつつ、新規事業立ち上げに取り組むことになりました。
希望年収より150万もアップし、やる気もアガってますよ。
一人で転職活動していたら、たぶんこの求人は見つからなかったと思うので、アドバイスいただけてほんとよかったです。

「BEST WORK Geekly(ギークリー)の評判」より

ギークリーの特徴は「短期間での豊富な求人紹介」なので意志を持って自分のためにうまく利用すれば、転職エージェントの中でもっとも効率よく転職先を見つけられます。

●ギークリーの申し込みの流れ

ギークリーの申し込みは1分もあれば完了します。登録はPCからでもスマホからでもカンタンです。

1.ギークリーの登録の仕方

まずはネット上から登録します。

1.ギークリーの公式サイトへ行く。

2.オレンジ色の「無料相談する」をクリックする。

※PCなら右上の「無料相談する」をクリック

ギークリーのスマホ申し込み

※スマホなら下の「無料で今すぐ相談する」をクリック

3.申し込みフォームに氏名などの登録情報を入力する。

PCでの申し込みフォーム

4.現在の年収を選択する。(大まかでOK)

ギークリーのPC年収入力フォーム

PCでの年収入力フォーム

5.経験職種を3つまで選択する。

ギークリーのPC職種入力フォーム

PCでの職種入力フォーム

6.プライバシーポリシーを確認する。

ギークリーのプライバシーポリシー

ギークリーのプライバシーポリシー

7.「プライバシーポリシーに同意し登録する」をクリックする。

ギークリーの登録

8.申し込みが完了するとすぐに電話連絡が来るので面談の日程を相談します。

2.ギークリーの渋谷オフィス

ギークリーのオフィスは渋谷にあります。渋谷駅から歩いて数分なのでアクセスには便利です。

ギークリー渋谷オフィスへのアクセス

※ギークリーの渋谷オフィスへのアクセス

・オフィスでカウンセリングを受ける

面談ではこれまでの職務経験、今後携わりたい業務などを相談します。

相談内容を踏まえてその場で求人情報(非公開求人含む)を紹介してもらえます。

最初に紹介される求人数は40件ほどで、その後も電話やLINEなどで逐次新しい求人情報を教えてもらえます。

●ギークリー以外の転職エージェントとの比較

ギークリーのトントン拍子で転職を決めるスタイルが合わない人は無理して利用するのはよくありません。

その場合は他の転職エージェントを利用しましょう。ギークリーと比較した各転職エージェントの特徴をまとめました。

・レバテックキャリアとギークリー

レバテックキャリアも業界人向けの専門性が高い転職エージェントです。ただしギークリーの短期集中型と違って将来を見据えたキャリアプランや、あなたの能力に見合った年収アップについて時間をかけて相談に乗ってくれます。

IT業界・ゲーム業界の経験者限定でしか登録はできませんが、現在の会社に不満があったり将来が不安だったりするならレバテックキャリアで相談してみるべきです。

実務経験者であるエージェントが、やりたい業務の求人や年収の上がる会社を必ず紹介してくれます。

・マイナビエージェントとギークリー

ギークリーは「紹介求人数」がもっとも多いですが、マイナビエージェントは「IT業界・ゲーム業界全体の求人数」がもっとも多い転職エージェントです。

そのためエージェントに紹介される以外の求人も含めて、自分の目で時間をかけて多くの求人を選ぶことができます。

ただし、マイナビエージェントの登録もIT業界経験者であることが条件となります。業界経験者で、かつ多くの求人から良い企業を自分で見つけたい人にはマイナビエージェントが最適です。

 

・ワークポートとギークリー

ギークリーは未経験でも登録が可能ですが、ワークポートでは未経験からの転職者「専用」の求人紹介が用意されていてもちろん無料です。

未経験の転職者専用のサービスは他になく、専門ならではの手厚いフォローがあります。しかも大手なので求人数もかなり豊富です。

ちなみに転職成功者数がNo.1のエージェントでもあります。IT業界やゲーム業界未経験でこれから目指すのなら一番おすすめの転職エージェントはワークポートです。

Web系やエンジニア職向けの求人紹介会社選びでは、扱う求人数自体の多さと、他にないレアな非公開案件の数が重要です。

ワークポートでは登録後に非公開求人の紹介が50件以上(!)あります。九州~北海道まで広くカバーしていて、年収500万~などの高収入求人も豊富です。

また未経験でも登録でき、キャリアチェンジの手助けにも最適です。転職成功者数No.1で、もっとも信頼度が高いワークポートの求人紹介は、登録から就職まで全て無料となっています。

 

 

 

・転職エージェント以外の求人紹介の評判

前述したようにどこの転職エージェントも「○○(転職エージェント名) 最悪」などで検索すると必ずいくつか出てきてしまうので、担当者の当たりハズレ(担当者ガチャ笑)に気付く人も増えています。そのためそんな人のニーズに応えた「転職エージェントではない人材紹介サービス」も人気が出ています。

その中でもWithiT Pro.は唯一、「提携企業のプロジェクトに実際に参画しているスタッフ」が人材紹介もしているというサービスです。興味が湧いたので先日突撃取材してきましたが、何か面白い人たちでした。(*´з`)

参画スタッフなのでブラック企業の情報に詳しい上に、ノルマがなく(!)ゴリ押しする必要もないそうなのでほぼ確実にSSRの担当者をドロップできます。

●ギークリーがしつこいと思ったら

Web系やエンジニア職向けの求人紹介会社選びでは、扱う求人数自体の多さと、他にないレアな非公開案件の数が重要です。

ワークポートでは登録後に非公開求人の紹介が50件以上(!)あります。九州~北海道まで広くカバーしていて、年収500万~などの高収入求人も豊富です。

また未経験でも登録でき、キャリアチェンジの手助けにも最適です。転職成功者数No.1で、もっとも信頼度が高いワークポートの求人紹介は、登録から就職まで全て無料となっています。

 

 

参考

BEST WORK「Geekly(ギークリー)の評判」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です