ゲームプランナーを辞めたい人が必ず知っておくべき4つのこと

好きな職種でも今の労働環境がつらすぎるなら絶対に無理はせず早くやめるべきです。会社をやめる「決意」をするだけであなたの気持ちは一気に軽くなりますよ!

ゲームプランナーと労働条件のマッチングにこだわるWithiT Pro.は「提携企業のプロジェクトに実際に参画しているスタッフ」が人材紹介もしているという無料サービスです。

紹介先の事情にはもっとも詳しくキャリアチェンジも視野に入れた転職相談ができます。そのため条件にこだわった求人探しでは一番のおすすめです。

 

 

●ゲームプランナーを辞めたいけど踏み出せない・・・

ゲームプランナーをやめたいと思っているけどなんとなく一歩が踏み出せない。

もし具体的なプランがあって続けているのならそれもいいと思います。でも大半の人は「このままでいいのかな?」という漠然とした不安を持ちつつ先送りにしているだけじゃないでしょうか?

そんなあなたに今知っておいてほしいことが以下の4つのことです。

  1. 常に損をしている。
  2. 退職申請は2週間前でよい。
  3. 引き止められない口実は作れる。
  4. 転職先が決まれば不安はなくなる。

今はやめられないし次の仕事も決まっていないのでとりあえず続けているけどなんとなく不安を感じる。

ここではそんなあなたが退職へ一歩を踏み出せるようになる具体的な方法を紹介します。

1.ゲームプランナーを辞めたい理由

今のゲーム会社をやめたいと思っている理由は様々だと思います。

その理由が何だとしてもあなたのお金、経験、健康のうちのどれかは今の会社に奪われ続けていて損をしています。

できるだけ早いうちに転職を決めないとそれまでずっとその損を続けることになってしまいます。

そして転職先を選ぶときは、そこだけはぜっっっっったいにこだわるようにしましょう。そのためにまずは確認です。

●お金

今のゲーム会社での収入に不満がある場合です。

ゲームプランナーも会社によって収入は本当にピンキリです、もちろん若ければ思い切って他の職種だって選べます。

このさきあなたが月収が10,000円高い会社に入るとすれば、「今の会社から転職するまでの月数×10,000円」を搾取されていると言えます。

●経験

ゲームプランナーとして勉強になる仕事を任せてもらえなかったり、企画が採用してもらえない場合です。

どんな知識や技術も若いうちに経験するほど早くたくさん吸収され身に付きます。

今のゲーム会社を続けている限り、将来あなたに身に付いているはずの技術や経験を捨て続けていることになります。

●健康

労働環境や人間関係に問題がある場合です。

ボクの知人は仕事の無理やストレスがたたり30代でガンを患い亡くなりました。そのためボクはこの問題を一番恐れていてストレスが多い会社はすぐにやめるようにしています。

「どこも同じだろう・・・」なんて思わずに労働環境にこだわって転職先を探せばいいだけなんです。

決して大げさな話ではなく会社の環境に問題が多ければ、この先ストレスがあなたの体を病気にするのです。

2.退職申請は最低2週間前でよい

会社の就業規則では退職の申請は3カ月前ということが多いです。

法律上では退職までの期間は退職届けを出してからたった2週間と定義されています。

やめたくても申告から退職するまでの気まずさが嫌だという心配はあるはずです。

話し合うのが苦手でないなら会社と相談して決めるのが1番ですが、そうでなければ法律を盾に2週間前に言うのも全く問題ありません。

これはゲームプランナーだって同じです。

3.引き止められない口実は作れる

退職申請をしたものの反論され引き止められるのではないかという心配もあります。

やめる口実への根拠のない反論は結果をみせてしまえば意味をなくします。

今の会社よりもっと良い条件の会社に転職が決まっていれば文句は言えません。

  • 例1)収入が少ない→「今の能力ならどこでもそうだ」→転職先ではもっともらえる
  • 例2)労働時間が過酷すぎる→「考えが甘い」→転職先では時間に余裕がある。

既に希望の転職先が決まっている人を引き止められる人はそういません。前もって転職先を決めておくことで反論の余地を与えないようにできます。

4.転職先が決まれば不安はなくなる

今のゲームプランナーとして感じている漠然とした不安の正体は「今のイヤな環境の先に希望が見えないこと」と言い換えることができます。

これから行動をはじめて先に希望が見える状況になればその不安は必ずなくなります。

不安を取り去る方法

  1. 会社をやめる時期を決める
  2. 希望条件に合う会社を見つける
  3. 良くなる条件で口実を作る
  4. やめる時期と口実を会社に伝える

「ただなんとなく」先送りにしていたあなたも具体的なプランにすれば必ず行動に起こせます。

まだゲーム開発には関わりたいなら違うゲーム会社で働くのもいいですし、プランナー以外を経験してみるのもいいと思います。

もうゲーム開発自体がウンザリならゲームプランナーとして学んだ技術を他の業界で活かすのもいいと思います。

●よい職場はいくらでも見つかる

希望の就職先はハローワークなどで探すのも良いですが、時間が割けないなら転職エージェントで見つけられます。しかし転職エージェントでは数打てば当たる方式で応募するため、労働条件や環境にこだわって探すのが難しく納得のいく転職をするのがとても難しいです。

Withit Pro.の求人紹介は転職エージェントのそれとは異なり「提携企業のプロジェクトに実際に参画しているスタッフ」が人材紹介もしているサービスです。そのためブラックな案件や会社の情報には詳しく、間違いなくあなたに本当に合う会社を見つけてくれます。

キャリアチェンジも視野に入れて相談できるのでゲームプランナー職のゴリ押しもありません。あなたの将来のためにこのままゲームプランナーを続けるべきなのか?思い切って他業種に舵を切るべきなのか?についても相談できるので安心です。

 

 

5.まとめ

不安を感じることの正体は「先の希望が見えないこと」が大半です。

その原因が現在の環境にある場合、違う環境に移らない限り、不安はこの先もずっと解消されず続きます。

不安を解消するには

  1. 決めること(やめる時期)
  2. 行動すること(転職活動)
  3. 結果が出ること(就職先)

この段階を経るごとに不安は必ず解消されていくはずです。

ゲームプランナーの仕事が嫌なのか?

今のゲーム会社が嫌なのか?

そこを見極めてから今回の記事を参考にしてみてください!

ではでは、そんな感じで今回の記事でした。

早くあなたによい転職先が決まることを願っています!

がんばってー!

好きな職種でも今の労働環境がつらすぎるなら絶対に無理はせず早くやめるべきです。会社をやめる「決意」をするだけであなたの気持ちは一気に軽くなりますよ!

ゲームプランナーと労働条件のマッチングにこだわるWithiT Pro.は「提携企業のプロジェクトに実際に参画しているスタッフ」が人材紹介もしているという無料サービスです。

紹介先の事情にはもっとも詳しくキャリアチェンジも視野に入れた転職相談ができます。そのため条件にこだわった求人探しでは一番のおすすめです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です